商品をレビューしてみる

目安時間:約 6分

レビューとは

 

「感想記事」のことです。

 

実際にその商品を購入して、使ってみた感想を書いてアフィリエイトする「レビュー型アフィリエイト」についてお話します。

 

紹介したい商品が決まって、ブログに広告バナーを貼ります。訪問者さんがクリック → はい、販売ページへ...

 

 

これで、もし訪問者さんが購入にまで至ったのなら、555987あなたはラッキーです。

 

でもそれは以前もお話した通り、子供達が野原で見つけた四つ葉のクローバーの様なものです。(進みたいけど進めない 良かったらどうぞ!)

 

 

自分で商品紹介の文章を書くより、広告バナーを貼り付けてそのまま販売ページへ直行、その方がはるかに簡単です。

 

そのせいか、未だに「バナーを貼って終わり」というアフィリエイターさんも少なくありません。

 

 

それなら、何もあなたのブログからその商品を買う理由などないということですよね。

 

 

あなた自身の言葉 これこそが最も強力な武器になるんです!

 

 

レビューを書くためには、そ244848の商品を知らなければいけません。

 

自分で商品を購入すれば、コストも掛かる。レビューを書くには時間も手間も掛かります。

 

が、あなたのブログを訪問してくれる方が一番求めているもの

 

→ それは「あなたのカラー」なのです。

 

そんな訪問者さんの気持ちを汲み取りましょう。

 

 

そして、訪問者さんの立場になってイメージして、あなたらしいレビューを書いていきましょう。

 

 

 

  • 何に悩んでいるんだろう。
  • どういう悩みがあって、どういう商品を求めているんだろう。
  • どういう薦められ方をしたら買いたくなるんだろう。

 

 

その様なことを念頭に置いて文章を考えます。

 

 

実際に購入して使ってみてからの感想は、説得力が段違いです。これから商品を買おうかどうか悩んでいる訪問者さんにとっては、経験した人の感想は、非常に有益な情報になります。

 

 

金銭的な負担が生じますが、「本気でレビューする!」ならば、是非おすすめの手法です。

 

 

商品の感想としては、あくまでも「商品の紹介」であって、良いところだけに偏ったレビューは避けましょう。注意事項や欠点など、使った人でないと分からない点も一緒に説明しなければ、商品への信用は元より、あなたへの信用にも繋がりません。

 

 

その商品だけではなく、他の商品を薦めた時に、「あぁ、また良いことばっかり...」と信用度がダウンしてしまいます。

 

 

購入に結び付けたい余り、つい良いことばかりを並べたくなりますが、そもそも!販売ページへ行けば、良いことしか書いてないのです。広告主側は、自社の商品の良いところばかりをアピールするはずです。

 

 

だからこそ、「そうは言うけど、実際使ってみたらこうだったよ。」と言う、生の声を訪問者さんは聞きたがっているのです。

 

 

その点は、少々勇気を出して、思い切り正直に書いてみるべきです。それでもお薦めしたい!という熱い気持ちはきっと伝わるはずです。426122

 

 

「私は実際使ってみて、これまであった悩みが解決しましたよ!」

 

 

この言葉、これが購入しようか迷っている方達が一番聞きたい言葉だと思います。

 

「この人がその悩みを解消出来たのなら、私も解消出来るかも!」そう思って頂ければ、購入して貰える確率はグッとアップします。

 

 

購入者の立場になって一緒に悩んであげる

 

 

これだけで、素晴らしいレビューページ完成しますよ!

 

 

いつだって、りつきがあなたを応援しています。

 

著作権と引用(解説編) も良かったらどうぞ!

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

応援クリックして頂けると、元気になれます!

あなたの応援を励みに、りつきは頑張ります!

ホーム へ戻る

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. 武蔵 より:

    りつきさんこんにちわ。
    レビューページはやはり大事ですよね。
    私もこれからレビューを増やしていこうと思っていたところなので参考になりました。

    応援してます。
    これからも頑張ってください。

    • りつき より:

      武蔵さん

      来て下さり、ありがとうございます。
      はい!それはもう大事なところです。
      キレイ事抜きで、
      収入に繋がるページですもんね。
      アフィリエイターとして本領発揮する
      ページであると私は思っています。

      参考にして頂けて、本当に嬉しいです。
      これもまたアフィリエイターとしての
      醍醐味ですよね。お役に立てて何よりです!
      武蔵さん、ありがとうございました。
      私もお邪魔させてもらいますね!

  2. りつきさん

    こんにちは、きりとです。

    昔は、広告バナーを貼り付けるだけで
    文章を書いたことがなかったです。

    ただ、昔の僕は「紹介記事を書く」というのを
    全く知らなかったんですよね。

    やっぱり、最初はどういう記事を書けばよいのか
    全く知らない人もいるので、こういう記事は
    特に参考になりますね。

    当時の僕が読めば感涙モノの記事だと感じます。

    応援していきますね。

    • りつき より:

      きりとさん

      来て下さり、ありがとうございます。
      最初、みんながそう思いますよね。

      アフィリエイトの間口って意外に
      広いんですよね。
      「簡単に始められる!」が謳い文句
      なので(汗)…アフィリエイトとは?の
      説明には、決まって「広告バナー」をペタペタ。
      そりゃ、みんなそう思ってしまうのも
      無理はありません。

      アフィリエイトを始めた人の中の
      ほんの一握りだけが、こんな真実に
      辿り着くんだと私は思います。
      それまでにやめていってしまう確率の方が
      高いですよね。それを知った私達だけでも
      キチンとアフィリエイター続けていきたいですよね。

      きりとさん、これからも一緒に頑張らせて
      下さいね。ありがとうございました。
      「最強のワードプレステンプレートレビュー」
      拝見しま~す☆

  3. こんにちは。
    かねこのどかです。

    お友達から本を紹介されて~の記事を読んでるうちにここまで遡ってました(;^_^A

    ちょうど、レビューについて考えていたので、最新の記事もこちらの記事もタイムリーだったもので。

    どうしても、良いところばかり書いてしまいがちで、
    自分でも後々読み返しながら「胡散臭いw」と思ってしまっていたので、
    やはり書き方というか、伝え方って大事だなと実感中です。

    良い面だけ見てたら紹介できない!!と、最近は思ってますが・・・
    これも練習ですね(;^_^A

    コメント欄すらも勉強になります!!

    ありがとうございました(^^)/

    • りつき より:

      かねこのどかさん

      訪問して下さり、ありがとうございます!

      >どうしても、良いところばかり書いてしまいがちで、

      分かりますよ~!ホント痛いくらい!
      だって、良いと思ってお薦めしようと思っている
      のに、悪い所を探せと言われても…ね。

      私の場合、情報教材のレビューをして、つい
      先日、ランキングが出来上がったのですが
      (トップページにあります。)
      このランキング自体、著者さんに対して失礼な
      話だと思いません?順位つけるなんて!

      そして、文面にも心外なこと、書いていると思います。
      でも、やっぱりここは、著者さんの気持ち優先
      ではなくて、これを購入しようか迷っている方の
      気持ち優先!と心を鬼にして作成したつもりです。
      それでも、まだ甘い方かも、です。(^_^;)
      バンバン悪評を書くアフィリエイターさんも
      いらっしゃいますしね。

      「かねこのどかさんらしく」が1番だと思います。

      ありがとうございました!
      こちらからもお邪魔させてもらいますね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
*あなたの応援で元気一杯!*

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
<おかげさまで1位になりました>
illust2 (1)
☆★☆ありがとうございます☆★☆
*りつきの一押し教材*
*あなたに伝えたい事*
*プロフィール*
illust2 (1)
BLOG ASSISTOR:りつき

詳しい「りつき」知って下さいね☆
*最近の投稿*
*りつきのおすすめ!        無料レポートスタンド*

ページの先頭へ